京都4日目は、京都駅より南側を巡るコース
まずは朝一番で、東寺へ
無料で観れる食堂
800円で観れる、五重塔、金堂、講堂
別料金で宝殿、別料金で大使堂だったかな
拝観受付で質問しないとわかり辛いです

東寺といえば五重塔
20170513155951de9.jpg
何度も来たことがあるようで全然覚えていなくて
五重塔の中はすごく派手な色使いで綺麗でした
続いて金堂
今まで見た中で一番大きいんじゃないかと思う
薬師如来像
豪華絢爛見応えたっぷり

隣の講堂に今回の旅で一番見たかった「帝釈天」
団体客についていた解説者によると
密教の教えを表現した立体曼荼羅らしく
21体の仏像の迫力ったらすごいです
像に乗った帝釈天は力強い体躯で
凛々しいお顔でした
大満足
東寺では毎月第1日曜日に骨董市をやっているので
次回は見に行きたいな

東寺のすぐそばの「おかもと」に
前日食べそびれた卵サンドを求めて移動
20170513160103bf9.jpg
ここはスーパーオカモトというこじんまりしたお店で
イートインできるテーブルと丸椅子も用意してくれているので
450円の卵サンドを買ってその場で食べる
だし巻きをサンドイッチにしていて美味しい

続いて東に向いて移動
目指すは東福寺
20170514123000ec1.jpg
紅葉の季節には一方通行で
写真撮影のために立ち止まるのが禁止らしく
想像しただけで近寄りたくないのである
20170513160527d95.jpg
今回はゴールデンウィーク明けの月曜日だったので
ひっそりしていて最高でした

続いて外国人観光客が日本で一番集まるという
伏見稲荷へ
201705131610196ca.jpg
参道で王道の稲荷寿司を食べ
なぜかうずらとスズメの焼き鳥が有名だけど食べず
20170513161428afd.jpg
紅い鳥居の続く境内へ
それにしてもすごい外国人観光客の数
いろんな国の言葉が行き交っている
20170513161507b8e.jpg
紅い鳥居の絵馬や狐のお面の絵馬
が面白い
20170513161531ebe.jpg
縁結びの神
英語でどう説明するのかな
伏見稲荷は商売繁盛の神様で
商売人は様々なサイズの鳥居をここに立てるのだ
一番大きいものは103万
一番小さいものは6000円
そして延々と続く鳥居をづっと歩くと
稲荷山をぐるっと一周できる結構しんどいコースがある
たいていの観光客は途中で脱落し引き返していた
大概登ったのでそろそろ頂上かな?と思ったあたりに看板が
ここからぐるっと回って山頂へ向かいますという地図
えーまだあるの?
でも行くしかない
時間を計ってスタート
延々鳥居を登り約15分で頂上へ
下りも分かれ道で迷いながらも
なんとか元の位置に戻りました
時間は37分
地図の前で迷っている外国人に37分かかるよと
教えてあげて下山
いい事をしたねと満足しながら
五条方面へ
レンタサイクルを返却してから
お目当てのカフェへ
1日目に行った仏光寺の側の
「cafe marble」
キッシュが美味しくて
居心地がよくて
友達の新幹線の時間まで
ゆっくり過ごしました
201705131613234dc.jpg
大満喫の京都でした
来年はどこに行こうかともう相談中

※伏見稲荷の側にあった伍八堂でお土産に買った”ちりめん山椒”、添加物を一切使ってなくてとても美味しかった。





スポンサーサイト
京都二日目は、京都文化博物館で開催している
「いつだって猫展」を見に行った
猫好きで有名な歌川国芳の絵を中心に
浮世絵に登場する猫達の詳しい解説
猫と浮世絵と国芳が大好きな私には小躍りしたくなる企画

午前中に名古屋文化博物館学芸員であり
この展示の企画者でもある津田さんによる
「江戸の猫ブーム」という講演会を聞き
国芳の絵がより面白くなりました
猫は夜な夜な手ぬぐいでほっかむりをして踊っている
オス猫が行灯の油を舐め始めたら化け猫になった証拠
など楽しいお話でした

津田さんが冒頭に
「猫ブームと言う言葉を使ってはいますが、
生き物をブームにするという風潮には反対です
江戸時代は飼うことのブームではなく
絵や人形がもてはやされたと言う意味です」と
おっしゃっていて
昨今の猫ブームに反感を持っていたので
きっぱりと言えてすごいなぁと好感を持ちました
20170514103039658.jpg
夜は五色湯という銭湯に行き明日に備えて
湿布を貼り早寝

京都三日目、東京から来た友達が合流
自転車2台で二日間一緒に散策をするので
どこに行くかを相談

1日目に京都は意外に広くて
緩やかな坂道と急激な斜面で成り立っていることを
ひしひしと感じた私は
龍安寺に行きたがるのを却下し
近場で済まそうとするも
そううまくもいかず
そこそこ大変そうなスケジュールが出来上がり

まずは烏丸五条を清水寺の方角へ移動し
「河井寛次郎記念館」
頭脳明晰、スポーツ万能
センスも良くてお金持ちな河井寛次郎さん
家族も大事にするし建物も素敵で
201705101046418b2.jpg
陶芸やオブジェや家具も素敵なものばかりでした
20170510104710ff8.jpg
お昼に京都名物「卵サンド」が食べたくて
「グリル富久屋」という喫茶店に移動したらまだ開店前
前も行って美味しかったので「エフィッシュ」でランチ
2017051010473057d.jpg
スープとパンのセット
20170510104750bd0.jpg
ボリューム満点
腹ごしらえの後は友達希望の「南禅寺」へ
途中、紙専門の雑貨屋さんなどに入りながら
人混みをできるだけ避けながらコース取り
学習能力のある私
2017051010535262a.jpg
南禅寺まではさほど急な坂道はなく
意外に近くてあっさり到着
20170510105404091.jpg
信じられないことに石庭にマスクが落ちていた
きっと風で飛ばされたに違いないが
全くもってがっかりになっていた
201705101049509ad.jpg
境内には水路があり
インスタ映えするのだろう
みんな必死になって写真を撮っていた
私達も負けじと撮ろうとすると
どこからともなくおじいさんがやってきて
2017051010502761b.jpg
いい構図をアドバイスしてくれ
友達とのツーショットの写真も沢山撮ってくれた

南禅寺から近くの美術館へ寄った後
平安神宮横の「ラ ヴァチュール」にて
ティーソーダとタルトタタンで糖分を補給
2017051010541799c.jpg
平安神宮を見て
20170510105435755.jpg
丸太町にある「誠光社」という本屋さんに移動
南へ下って
「広東料理 鳳泉」へ
シュウマイが有名だけどいつ行っても売り切れ
多分午前中に行かなきゃ食べられないんだろう
なので今回も春巻きと麺
美味しかったです

食後の珈琲を四条河原町の「築地」という
古い喫茶店に行きたいというので
移動するも案の定恐ろしい人混み
お店も閉まっていて
残念
やはり四条や三条河原町には近づいてはいけない
と再度認識し
宿の1Fで珈琲を飲みながら明日の予定を立てたのでした
201705141054359be.jpg



今年の関西旅行は京都に泊まり京都を満喫しました
20170510090942f87.jpg
宿は烏丸五条
近くのレンタサイクルでノーマル自転車を借り
まずは仏光寺
2017051009105455a.jpg
鳩も仲がよろしおすな

ここから平安神宮の横にある
細見美術館へ移動するが
途中、八坂神社前で
人ごみゾーンを通過
ゴールデンウィークなので
恐ろしいほどの人で
横切るのにかなりの時間を要す

細見美術館では
杉浦非水展を見た
普段は愛媛県美術館に所蔵されているらしいので
ぜひ行ってみたい
杉浦非水のポストカードを購入したので
額に入れて家に飾ろうっと

ランチをするために目をつけていた店へ移動

山越えをする羽目に
なぜだなぜなんだ
一山超えてやっとお目当ての店にたどり着く
お店の井戸水が美味しくて一気に飲み干し
おかわりとペットボトルにも入れてもらってウキウキ
201705100910270b1.jpg
光兎舎(こうさぎしゃ)
1Fがギャラリー
2Fが菜食カフェレストラン

光兎舎ごはんプレート1800円を注文

ふきと新ジャガイモの豆乳ポタージュ
精進おからの五目春巻
たけのこのトマトカシュークリーム
隠岐あらめの炊いたん
菜の花と長芋の梅しそのり巻き
青菜となめこともやしの胡麻和え
生麩田楽セロリ味噌
トマトとこごみと辛子酢味噌
角切り野菜の玄米サラダ
季節野菜グリーンサラダ(豆腐とピンクペッパードレッシング)

10種類ものおかずが大きいお皿にたっぷり
ぜーんぶ美味しくて
ゆっくり味わって食べました
ごはんもついてるけど
量が多かったのでごはん無しに
なので100円安くなりました

店の周辺をよく見ると
銀閣寺
哲学の道なんかもここら辺なのね

次の目的地は圓光寺
またもや急な坂道で
ゼーゼーはーはー

詩仙堂にも寄りたかったのに
あまりの坂道に意識がモウロウとして
通り過ぎていた

「圓光寺(えんこうじ)は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院
山号は瑞巌山(ずいげんさん)
開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康」
20170510091156a12.jpg
お庭が有名
2017051009112005e.jpg
お花も綺麗に咲いてます
20170510091238c6b.jpg
お地蔵さんも可愛らしい

帰りは急なくだり坂
途中、 雲母漬(きらら漬)老舗 穂野出
という渋いお店を見つけ
漬物を買ってみた
201705111139062fc.jpg
「比叡山へ向かう名僧達が難所雲母坂の茶店で休憩する際に
この「みそ漬」を食べ「雲母漬」と名づけた
登山者が急坂をのぼる苦しさの中の楽しい味の一つとなった」
と説明が
つまり、ここら一帯は僧侶も困らせるほどの
急坂の難所だったのだ
そりゃしんどかった筈だと納得
201705100913105aa.jpg
納得しながら続いての目的
本屋と喫茶店を探すも
見つけられなかった

諦めて北区の友達に会いに移動
グーグルマップナビでは徒歩36分と出たので
楽勝と思ったが
自転車で30分以上漕いだような気がする

友達に会い今までの移動距離を説明し
大笑いされる

帰りはゆっくり
烏丸通りを南に降りれば楽勝と思いきや
京都御所の横を通過するだけでも
かなりの時間がかかり
京都の広さを見くびっていた事
自転車をアシスト付きにしなかった事
サドルはもっとクッションが付いてないと
お尻が痛くなる事
などを色々後悔しつつ宿につき
20170510122805ddc.jpg
近くの銭湯へ行き
1日目を終了した

※きらら漬け一袋860円もするが小ナスが白味噌に漬けてあって美味しかった。