2017.02.20 福岡の涅槃像
福岡に有名な涅槃像があるらしいと聞き調べると
なんとブロンズ像で世界一の大きさだって
しかも住職が宝くじに当たった事から金運が付くと話題だとか
早速行ってきました

南蔵院
福岡県糟屋郡篠栗町
201702201309066ad.jpg
全長41mの涅槃像がどどーんと
20170220130852e88.jpg
足の裏をタッチ

体内への入場料1000円は護摩木と出口にあるゲームのチケット代
護摩木には家内安全とか商売繁盛とか書きます
中に入ると廊下には石が88枚敷き詰めてあり
壁には四国八十八ヶ所のお寺の仏像の絵が
すなわちここの廊下を歩くともう四国お遍路に行ったも同然なのだ

48枚目あたりに小さいお部屋があり
係りの人がいろいろ説明してくれる(チベットからもらった何かが飾ってあった)
ここで護摩木を収めて
そこにしか売ってないお守り1000円を購入
お財布に入れておき時々触るといいらしい(何にいいのかは忘れた)仏足のプレート
スクラッチくじ付き(まだ試してない)

そして残りの40枚を通って出口へ
ゲームのチケットを渡すと3個の羽子板の羽を渡される
3m先ぐらいにある小さい升に入るときっとなんかいいことがあるのかな?
もちろん入らず、、、

そのあとは南蔵院の構内をうろうろ
ありとあらゆる仏様がいたるところに
20170220130940831.jpg
手にレモンを持った子供の仏像とか
201702201309571e0.jpg
干支と一緒の仏像とか 私は羊
20170220131014840.jpg
あまりに多すぎて飽きてきたので
寺を後に
お目当の店へ40分移動
福岡県田川市魚町
20170220131122263.jpg
StevenSpielBurger
20170220131030ddc.jpg
レギュラーサイズでも結構なボリュームで
ジュースは150円なのに飲みきれない量
アメリカンサイズです
20170220131102931.jpg
店内も可愛くビレッジバンガードみたい
201702201310489cc.jpg
大満足!今度はチーズバーガー食べよー




スポンサーサイト
2017.02.10 修正鬼会
国東の伝統行事の修正鬼会
毎年行きたいと思いつつも、この時期の雨が降って寒い夜に出かける勇気が持てず
来年こそ来年こそと思い続け、今年は東京から友達が見に来るのをきっかけに
2日間、2箇所で行われる鬼会をやっと見ることができました
20170208231527aee.jpg
2月3日 天念寺
201702082313408c4.jpg
お坊さんたちが楽しそうにダンスした後2匹の鬼が登場し
20170208231355bdc.jpg
たいまつを手に暴れまわる
とにかく火が焚かれ煙と火の粉の中で人々が叫ぶ(様に感じた)
怖がりの私は、3本の大きな松明がどこを通りどこに運ばれるかわからず
逃げまどい
鬼がどこを走り回るかわからず逃げまどい
必要以上に怖がったので中心で行われている踊りなどは
全く見えず、、、(写真は人が撮ったものを拝借)
201702082315511b9.jpg
途中抜けて餅を食べる
この餅の名前は、”胡椒餅”と言って200円
国東の人は唐辛子の事を胡椒と呼ぶ
さらにこの寺では、”目覚まし餅”と呼んでいた
味噌に唐辛子が混ぜてあり
目がさめるほど辛いから、らしい

夜19時から23時頃まで続いた行事
友人は根性があるので中心で一部始終を見れたと満足
あの火の粉の中で良く見れるなぁと感心するばかりでした

そして翌日
2月4日 岩戸寺
20170208231409b4b.jpg
この日は時間も長丁場と聞いていたので遅く22時頃に行ってみた
2017020823142047d.jpg
川に飛び込んで身を清めたり
20170208231458ee0.jpg
お坊さん達がお祈りしたりダンスしたり
2017020823143219d.jpg
松明を運んだり
201702082314471d6.jpg
勤行があったり
20170208231327a64.jpg
鬼が登場する頃到着した私たちは偶然にも
鬼が踊る真下で見ることになり
火の粉が降ってきてまたビビる私
鬼が走り回る時は安全そうな位置でじっとしてました
(写真はすべて勇気ある方のを拝借)
とにかくビビって一枚も写真を撮らなかった私ですが
来年もまた行きたいです
鬼は怖いけど、お坊さんのダンスを間近で見なきゃ