サラダパーティ001
マイ箸を持っている人はいるが
マイ皿を持ち歩く人は少ないと思う

でも近い将来 マイ皿ブームがきたら
和紙のお皿は絶対に便利だ
サラダパーティ002
軽いし、丈夫だし、洗えるし
竹と和紙だから自然に帰るし
竹のお箸と一緒につかえば
ばっちりだい

ところで、ちょうどトキハの催事中にやる
イベントが見たい!でも行けない。。。
6月6日デザイナーの原研哉が
別府市中央公民館で語る
「日本のデザインの原像」13:30~

そして6月6日、7日 竹瓦温泉2Fで
「手ぬぐいデザイン展」無料 がやっている
これも見たいけど行けない。。。。
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
押してくだされ→いい事あった?→あったハズ


スポンサーサイト
kimono001
工房HUTAN
今年もやらせていただきます
6月3日(水)~6月9日(火)
トキハ本店 5階 通路ギャラリー

今年はエコバックを中心に販売
どうぞ見にきてください
seibu001
同じ時に「第44回 西部伝統工芸展」もやってます
6月4日(木)~6月9日(火)
トキハ本店 8階 南催し場
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
読む→押す→いいことあるかも

2009.05.26 勉強と遊び
hitanosato001
日田の豆田町にある「日田の里」
hitanosato002
いろんな物が置いてあるが
すべてこだわった本物なので
見て 触って 聞いて
とても勉強になる
hitanosato003
HUTANの一閑張りも
ディスプレイに使ってくださっている
hitanosato004
やっぱりピンクかわいい

もの作りには日々の勉強が大切なのだ

でも勉強ばっかりじゃだめなのだ
iida
私は今この人のデザイン携帯が出るのを
心待ちにしているのだ

草間彌生
遊び心を形にする人
素敵すぎる

私も遊び心を沢山持ちたい
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

読んだら押してね 10位以内に戻ったよ
先日知った「萬弘寺の市」がどうしても気になって
夜中に目覚ましをセットし
眠い目をこすりながら行ってきた

はいそうです、物好きです
mankouji002
真夜中なのだ
午前4時なのだ
暗くて見えないが
200人ほどの人が立ってます
mankouji001
暗くて見えないが
舞台に薄暗いライトがついて
保存会会長のご挨拶が始まりました
会長はなんでかどーしてか女装しています

来賓挨拶がひととおりあり
軽く花火が上がって
いよいよスタートです
mankouji003
暗くて見えないが
あちこちで始まる寸劇
「かえんかえー」と
衣装を着た保存会の皆さんが
元気です
mankouji004
暗くて見えないが
「ねぎです」
「パンです」
みたいなやり取りがあちこちで
mankouji005
暗くて見えないが
農作物の交換がメインで
家にあるいらない物を持ってきている人は
いなかった。。。
mankouji006
「あっそれあるからいらない」と
ガチで交換をしている方も

来年は野菜か何か持っていってみよう
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んだら押してみてください HUTANのカテゴリは雑貨の中の和雑貨です。

OBS大分放送「おはようナイスキャッチ」
という番組の撮影がきました
エコバック007
テーマはエコバック
6月からレジ袋が有料化されるんだよ
知ってた?
エコバック008
HUTANの和紙のバックのほかに
竹のバックも写してもらいました
エコバック009
いろんな場所で撮影
エコバック010
入社したてのかわいいアナウンサーみなこちゃん
スキップして疲れた様子

放送は 5月25日月曜日朝9時55分から
HUTANは3分ぐらいだそうです
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
5月10日臼杵市佐志生にオープンした
「アートカフェ銀の竈(かまど)」
やることなすこと とにかくおしゃれな
私の師がまたもやおしゃれな空間を作りあげた
銀の竈001
2階へ続く石の階段
銀の竈002
あちこちに趣向がこらしてあるので
よーく見ながら上がりましょう
銀の竈005
カマドをイメージした壁は赤い土壁でできている
新しいのに落ち着く空間
銀の竈004
3F部分はギャラリーになっている

建物の外観を見て驚いて欲しいので
あえて写真はのせないでおこう

銀の竈とHUTAN工房の丁度中間地点に
坂ノ市という町があるのだが
まんこうじ002
「1400年の伝統 萬弘寺の市」という
垂れ幕にひかれ立ち寄ってみた
まんこうじ004
狛犬らしき物が建物の柱に

なんと585年に建てられた
大分で一番古い寺院なんだって
まんこうじ003
どおりで趣があると思った
まんこうじ005
屋根の上にいた うさぎちゃん
耳が折れていてかわいそう
耳があったらさぞかしかわいかろうに
まんこうじ006
ところで萬弘寺の市とはなんぞや
まんこうじ008
596年から続くお祭りで
毎年5月18日から一週間開催される
まんこうじ009
まんこうじ001
看板に書いてあった説明によると

(期間中、土曜日未明に行われる物々交換市は
「かえんかえ~」のかけ声を夜空にひびかせ、
思い思いの品物を持ち寄り直接交換し
そのときの駆け引きがおもしろく
約1400年の伝統を誇っています)

「かえんかえ~」というのは大分弁で
「交換しない?」という意味だ

土曜日未明って何時だろう?と思い
近くにいた人に聞いてみたが
「朝もまだ暗いうちらしいよ」と
謎が深まるばかり
まんこうじ011
今週 土曜日 未明  
何かを持って行ってみようかな
まんこうじ012
くたびれた感じのぬいぐるみでも
持っていこうかな

せやけど何時なんかな??
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

このかわいい風車の中心部分は竹を編んでできている
ワークショップで教えられたらいいな~と
まずは私が練習
風車010
わかりやすいように紙バンドでやってみた
風車001
基本は4本だ
風車002
とおして
風車003
とおして
風車004
とおして
風車005
ここまで、できたら引っ張って締めていくのだ
風車006
最後に終わりのしまつ
風車008
完成
どうだ!これじゃ絶対わからないでしょ?
知りたい人は6月中旬から別府のプラットホームで
ワークショップをするので来てください
風車009
子供向けは、用意した中心部分に
紙を切ったり、絵を描いたりして貼って
ビーズを通して組み立てる
簡単バージョンだよ

大人も子供も
材料費、講師料込みで
500円 安いでしょ
もちろん作った風車は持って帰れるよ

中心部分はとても難しいので
「私は手先が器用だぁ」と思っている人用だ!
さぁ君も挑戦してみないか?

大人でも不器用な人は子供と同じ
和紙を貼り付けて、組み立てるのを
楽しんだらいいよ
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

大分県臼杵市野津町という緑豊かな地で
有機野菜の栽培に取り組んでいる方とお話してきました
大阪出身の彼らは大分に移り住み
農業という分野を開拓しようと頑張っています
bebyleaf001
ビニールハウスで作っているのは、ベビーリーフといって
いろんな種類の野菜の幼葉が入っているサラダ用の野菜の事
babyleaf007

babyleaf002
これは水菜
babyleaf003
これはレッドアジアンマスタード
食べるとマスタードの味がします

他にも、ごまの味がするルッコラや
レタスと同じ種類のロロロッサなど
10種類以上ありました。
babyleaf006
見学に行ったみんな楽しく摘んでいました
出荷する時は、機械で刈り取るのだそうです

私の知人に
農業を明るい3K、「かっこよく」「感動があって」「稼げる」仕事にしたいと
活動している人がいて

私は説明が下手なので
読んだらわかると思うよ

REFARM NEW FARMING STANDARD
これからの農業標準をつくる
http://ameblo.jp/kosegarenet/

ベビーリーフの彼らもその思想と似ています
頑張っている姿を見て嬉しくなりました

また、友達をつれてベビーリーフ摘みに行きたいと思います。
sibukaki001
さてここで問題、これは何の花でしょうか??
画像をクリックしたら大きく見えるよ

正解は、工房裏の渋柿の花
匂いはほんのり甘く 素敵な香り
沢山実がなるといいな~
柿渋作るんだもんね~
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ





花篭などを入れるための桐箱
単なる入れ物としか思っていなかったのだが
実はものすごく奥の深いものだと知った
桐箱001
人間国宝の生野祥雲斎(しょうの しょううんさい)
はこの桐箱にもこだわっていたという

一つの作品ができあがると
その作品の顔にあった桐箱が作られる

やさしい雰囲気のものには やさしい箱
荒々しいものには それに合う表情の箱

焼き物の世界では当たり前の事で
テレビ番組のお宝鑑定で
「箱がないので価値が下がる」という様な
言葉を聞くが、「友箱」といって
桐箱というものは作品と同じぐらい
ものによっては作品以上に価値のあるもの
桐箱がなければ、その作品が完成しないのだ

そしてそう言った価値のある桐箱は
機械や紙やすりは使用せず
カンナで表面を削る
しかもやわらかい桐の木は
通常の木のようにカンナをかけると
表面がぼこぼこになってしまう

横向きからかける というものすごく
技術がいるものなのだそうだ

そして湿気のない午後2時から3時の間に
カンナをかけるという

仕事を急ぐからと夜にカンナをすると
仕上がりの悪いものができてしまうそうなのだ

そして 桐箱の表情 
「いい桐箱は丸く見える」
という言葉があるぐらい
カドの落とし方によって
品よくも悪くも変わってしまう

きっと熟練の人にしか見えない顔なんだろう

器を作った人(焼き物師)は底に小さく銘を残し、
桐箱を作った人(箱師)は、箱の裏に(底ではない)
小さく銘を残す、
作品を銘銘した人は、
箱の上ではなく、蓋の内側に墨を入れる

3者とも 控えめを美としている

桐箱の上に文字が書いてあるのを
たまに見かけるが、
「私は上に文字が書ける程立派な人間なのだよ」と
言っているのと同じで大変恥ずかしい事なんだそうだ

それから、歴史のある器を見る機会があれば
一緒に桐箱も見る事を覚えておこう
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
梅田阪急百貨店の地下にある串屋さん
osaka005
夕方ともなるとお客さんがずらっと並び
山のように串カツを買ってかえる
osaka003
この串カツ屋で使ってくれているのが
HUTANの一閑張りのお皿なのだ
お姉さんが左手に持っている赤いお皿と
osaka004
揚げたての串を選ぶ時に使う黒いお皿

使ってくれている人に直接会って
話を聞く事はとても重要なのだ

そして、大阪といえばお笑い芸人!
ガリガリガリクソン 生で見れました!
osaka002
髪の毛のびすぎ~
osaka001
「私は神だ」
モンスターエンジンも見れてラッキー!!
工房HUTANのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

8位になってた~ポチッとしてくれた人ありがとう~

毎年見に行ってる
高槻ジャズストリート
今年も行ってくるのさ

だから明日っからブログ更新しないのさ

そこで、
☆GW中の宿題☆
ブログランキングのクリックを毎日してくれたら
10位以内に復帰できるのでよろしくおねがいします

ボタンはこれ

ブログランキング・にほんブログ村へ

一週間後が楽しみ

工房HUTANのホームページへ