goudosinbun
別府市の実相寺サッカー場のすぐ上にある
伝統産業会館というところは別府の竹細工を
展示してあり、歴代の作家作品などがあります

1月27日から2月8日まで
若手も多く出展する
「くらしの中の竹工芸展」を開催中です

「伝統工芸の作品を見ても難しくてわからないわ~」
という方にお勧め
バラエティに富んだ気軽に楽しめる工芸展です、
入場料も300円だし見に行ってみるといいですよ

この写真は初日に行った時に
合同新聞のカメラマンが撮って記事に載ったもの

初日の午前中だもの
写っている4人は皆竹関係者

一番手前の紙を持っているのが私です

嘘です
その横のお団子頭が私です

来年も写るように頑張ります
(そんな事頑張らんでよろし!)
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ ←現在、和雑貨のブログランキング5位!とか6位!とかで~す
スポンサーサイト
これは愛媛県在住の作家さん
門田雅道さんが作ったかご
彼の作品は普段使いのかごを中心としていて
使いやすく、値段も買いやすい

このカゴは木の蓋がついていて形がかわいい
タケカンムリ001
工房のテーブルの上に
いつも乗っかっている

それはなぜか。。。
タケカンムリ002
じゃーん チョコが入っているから
ホッとしたいときは
チョコとコーヒーにかぎるね

このカゴは松山の雑貨店 日々さんで
買いました。
日々さんのHPは
http://hibi-kurashi.com/

作家さんは 門田雅道さん
http://www.geocities.jp/take_kanmuri/
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ


ケーキ屋なのに 竹のカゴも売っている
不思議なお店「アルモニ」
どんなカゴを売っているかは行ってみてのお楽しみ
アルモニ002
洋菓子店なのにセミがトレードマーク!?
アルモニ001
「アルモニ」はフランス語でハーモニーの事なんだって
アルモニ003
焼き菓子を入れるトレイをHUTANが作りました
焼き菓子は人気があるので、すぐ無くなって
私が写真を撮ろうと思う時にはいつも残りわずか。。。
アルモニ004
ここのジェラートは後味がさっぱりしていて
どの種類を食べても「当たり!」な味
珍しいのは「こがしきなこ」絶品!!
アルモニ005
お持ち帰り用もあるよ
入れ物がかわいい

ケーキも取り揃えております
もうすぐバレンタイン
チョコレートを買いに
行ってみたら??

場所 大分市古国府416-5
羽屋バイパス スーパー アップル横

工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
日田市の豆田という歴史ある街で
旧家に伝わるひな人形や道具類を
一般公開する「天領日田おひなまつり」
今年は、平成21年2月15日(日)~3月31日(火)
です。20ヶ所ぐらいに展示してあるので
あちこち見てまわるのが楽しいですよ

お雛様に興味のない人も
豆田の町並みは一度歩いてみて欲しい
情緒ある素敵な町です

今回のお雛様期間中
「日田の里」という老舗店で
工房HUTANの一閑張り
押し花シリーズを
販売していただく事になりました

豆田みゆき通りにあり
豆田八坂神社の近くです
日田の里001
明治16年からある建物
「日田の里」
豆田町14-3
営業時間 10:00~18:00
日田の里
こだわりの器や小物がおかれた店内
憧れの「甲斐のぶお工房」竹のカラトリー
もここで手に入ります
他にも色々なこだわりの品があるので
時間をかけて見る事をお勧めします

いい物を見て楽しんだ後、
いい物はやはりお値段がぁ
という方は、HUTANのお皿1050円を
買って帰ってください
お手ごろでしょ?
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
大分県の竹田市という所は
水が綺麗な事で有名な所です
竹田湧水郡001
綺麗な水を見ると
思わず「うわ~」と歓声を
あげてしまいます
竹田湧水郡002
竹田を流れる「緒方川」沿いに
5つの湧水郡があり
自由に汲んでいいんだよ

近くに河川プールもありました
夏は是非泳いでみたい
竹田湧水郡003
プールのすべり台横の
カッパの絵がかわいかった
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

2009.01.19 わいた温泉郷
別府の温泉ももちろんいいのだが
私が特に気に入っているのが
阿蘇 小国町にある
わいた温泉郷の中の「はげの湯温泉」
わいた温泉
透明でくせのない湯だけど
風呂あがりは肌がつやつやのさらさらに
岡本とうふあげ
道中気になっていた「岡本とうふ」に
よって とうふ と あげを購入
スーパーで売っているとうふの3倍ぐらいでかい
岡本とうふ犬
岡本とうふの看板犬が
あまりにも気持ちよさそうに
寝ていたので起こしたくなる衝動にかられる
地獄002
温泉の熱を利用して
蒸し料理を作れる「地獄釜」があり
自由に使ってよい
地獄蒸し001
今回もっていった材料は
玉ねぎ、じゃがいも、鶏肉(手羽元)
えび、卵 などなど
アスパラ豚バラ巻きとキャベツの組み合わせが
大ヒットだった

味は 塩 のみ ブラックペッパーがあると
アクセントになって良いよ

竹ざるを持っていくと
そのまま蒸し釜に入れれるし
さらにおいしくなるよ
竹箸と竹コップも忘れずに
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
押し花のお皿を販売しているときに
「直射日光に長時間当てるなどで
押し花の色が変色する事があります」
とご説明しています

「あら、じぁ変色しない”ちぎり絵”の方にしよう」と
おっしゃる方もたまーにいらっしゃいますが
実は、変色後が素敵なんですよ。
千鳥草ムラサキ変色後
このお皿は2年前に制作したもので
お花の種類や置いていた場所にもよるのでしょうが
1年目には茶色になっていました

飴色に透けた雰囲気が好きです。
千鳥草ムラサキ001
元々は、この千鳥草のムラサキです。
今、ムラサキは入荷しないので
ブルーに変わっていますが、
ムラサキファンは結構多かったです。
すみれ002
このお皿はかなり使い込んだ様子がありますが

これは15年前に佐志生工芸村が販売したものを
母が気に入って購入しずっと自宅で使っていたもの
押し花が擦り切れていますが
編地や和紙は全然痛んでいません

和紙の種類が少し違って
繊維模様の入った白の和紙です
HTUANは模様の入っていない生成りを使っています
すみれ001
元々はこのブルーの”すみれ”でした

一閑張りのお皿が長持ちする事を
お分かりいただけたと思います。

先日、お皿を使ってくれている親戚から
「あのお皿丈夫すぎる!!」
と文句をいわれました

丈夫なのが駄目なの??と聞くと
どんどん壊れないと
次々買えないじゃない!だって

そんな冗談をいいながら
応援してくれています
ありがとう
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
2009.01.12 青竹を取る
竹取の翁001
青竹が欲しかったので
竹切りに行ってきた

私は、何年目の竹か?を
判別できない。。。

そして、このように
竹の先端が木に絡まって
どんなに引っ張っても
動かない時
途方にくれる。。。
竹取の翁002
竹の生え際にノコギリを
入れるのだが
竹取の翁003
こんな感じでノコギリが
抜けない時
また、途方にくれる。。。

なので父の力を借りるのだ

ゼーハーゼーハーいいながら
2本切ったのだが
傷も多いし 色もあまりよくない

しかし、これを現地で判断するのは
これまた私には難しい

持ち帰って、洗ってみて
「あ~」と気づく

苦労も水の泡ね。。。
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
2009.01.08 別府駅前
門松
別府駅前に 竹で編んだ門松が
置いてありました

手湯
駅前には 手湯といって
手をつけられる温泉があります

「あったか~い」おもわず口に出して
言ってしまいます
油屋熊八001
油屋熊八(あぶらやくまはち)さん
明治時代に別府の活性化に
多大なる活躍をした人 の銅像

ぶら下がっている小さい物は
高崎山のサル だとばかり思っていた
よくみると。。。
油屋熊八002
誰なんだお前!
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
乾麺のちゃんぽん麺
初めて食べた
七拾尺ちゃんぽん
七拾尺(約21メートル)の長さが
このひと袋に折り返し入っているのか??

ゆがき方は
躊躇せずバキッと2つに折る
せっかくの21メートルも
ここまでの命だ

スープは自分で作って
野菜をたっぷり入れて食べた
(スープの袋がついていたのを後で知る)

麺がおいしい!!!

気になってネットで調べると
「七拾尺うどん」もある!!
絶対うどんもおいしい筈!

大分の名物「ごまだし」で
「ごまだしうどん」にして
食べたいな~

以上
食いしん坊万歳でした
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ
私の住んでる地区にある
二目川神楽
衣装やお面は素朴だけれど
何度見てもあきない

よく見るのが
「大蛇退治」という演目

ストーリーはくわしく解らない
二目川神楽001
おじいさん、おばあさん、娘が踊りながら登場
二目川神楽002
力自慢の若者 もしくわ 良い鬼が登場
二目川神楽003
大蛇を捕らえてくださいとお願いしている
二目川神楽004
おっしゃまけしとけって事で
子分(道化役)に
おまえ見張り番しとけ
と言っている
二目川神楽005
子分は樽にお酒を入れて
大蛇をおびき出す準備中
二目川神楽006
大蛇が怪しい煙とともに登場
子分あわてて逃げる
二目川神楽007
あっ酒だ!
二目川神楽008
ぐびぐびぐびぐび
二目川神楽009
ぷは~
二目川神楽010
酔っ払って寝ている大蛇
背後から
「大蛇め!いざ覚悟!」
二目川神楽011
死闘の末
二目川神楽012
大蛇の首 とったど~

ちゃんちゃん
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ


本年もよろしくお願いします
除夜の鐘
年越しは、竹の作家さんのうちにある
鐘をついてきました

ゴーンという音は
厳かな気持ちになります

108つ目だけ
年が明けてからつく
って知りませんでした
おそば01
湯布院で食べた
温かい鴨南そば
おそば02
こうやって
お椀にソバをいれて
出汁をかけて
食べます
めちゃくちゃ うまい!!!!
真剣01
初詣の神社では
竹を真剣で
スパッ スパッ 
と 切っていました

かなりの力が必要だと
思われます。。。

連続して
何十本も切っていたけど
刃はボロボロにならないのかな?
お守り
おみくじも大吉!

いい年になりますよ~に
工房HUTANのホームページへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ