FC2ブログ
毎年2月に別府市竹細工伝統産業会館で
開催されている「くらしの中の竹工芸展」
ずいぶん長く出展しませんでしたが
今年はランプを出しました
20190210112604f7c.png
タイトル:「Wrap」
材料:真竹、イチョウの木、柿渋、雲竜和紙
コンセプト:ラッピングをイメージした照明
台は柿渋仕上げで経年変化が楽しめます

【第55回 くらしの中の竹工芸展】
《会 期》平成31年1月29日(火)~2月11日(月・祝)
     8:30~17:00(2月4日は休館日、最終日は16:00まで)
《会 場》別府市竹細工伝統産業会館
     別府市東荘園8丁目3組
《観覧料》高校生以上300円 小・中学生100円
    (常設展示観覧を含みます)
《問合せ》別府市竹細工伝統産業会館
     電話 0977-23-1072
スポンサーサイト
お座敷バッグ揃いました
20190110203918d03.jpeg
105 紺色にオレンジと白の花模様 ウールの着物
20190110203937b8b.jpeg
内側 朱赤、ビーズ 黄色

20190110203953e1c.jpeg
106 紺色に牡丹模様 銘仙sold out
20190110204007aaa.jpeg
内側 青、ビーズ 黄色

201901102040214f9.jpeg
107 柿渋染め手ぬぐい
20190110204033b4a.jpeg
内側 えんじ色、ビーズ 黒
20190110204607b33.jpeg
ボケット部分がかっこいい

2019011020404601e.jpeg
108 赤と黒の三角模様 人絹sold out
201901102041003b5.jpeg
内側 紺色、ビーズ 黄色

201901102041161f1.jpeg
109 水玉藍染 紺色地に赤と白sold out
20190110204133295.jpeg
内側 黄色、ビーズ 黄色

2019011020414826e.jpeg
110 オレンジに花模様 人絹(子供普段着)sold out
201901102042351d8.jpeg
内側 ブルー、ビーズ 水色

201901102042474dc.jpeg
111 青地に花の様な模様
20190110204342b67.jpeg
内側 黄色、ビーズ 赤

20190110204357e62.jpeg
112 緑地に牡丹 絹 出張中
201901102044123a1.jpeg
内側 茶、ビーズ ブルー

2019011020443516b.jpeg
113 龍の柄 ウール(冬物の襦袢)sold out
20190110204450587.jpeg
内側 赤紫、ビーズ オレンジ

20190110204535037.jpeg
114 銘仙
2019011020455016a.jpeg
内側 朱赤、ビーズ 緑

お座敷バッグの内布は、大正後期から昭和初期にかけての着物生地です。
ボタンは古銭、紐は手編み、飾りはアンティークビーズを使用。
全て、一点ものです。
長く使用して劣化したものはつぎ当てなどで補修できます。
大事な布なので補修しながら大事に長く使っていただくと愛着が増します。
2018.12.28 椿油
美味しいパン屋さんHibinoパンのイベントで
お会いした椿油を作る方の御宅を訪問
20181228114824268.jpeg
まずはHibinoでランチ
スモークしたポテトをマッシュしたものを挟んだ
サンドウィッチ
人参や大根やカボチャをスライスして酢漬けしたサラダ
スモークした茹でタマゴ
別の方が頼んだ鯖サンドも美味しかった
20181228115036672.jpeg
椿油の工房はこの大きな神社のお隣さん
2018122811462182e.jpeg
椿の実
椿の花は2月3月の寒い時期に咲くが
実は秋9月末あたりに収穫するんだそうだ
洗って汚れを落とした後
一ヶ月ほど天日干しにする
20181228114729a3b.jpeg
この機械でギューと絞る
20181228114603d95.jpeg
絞りカス
20181228114547aa9.jpeg
沈殿させて上澄みをとったら
こんなに綺麗な椿油の出来上がり
2018122811470477b.jpeg
種を預けていた人は、ざる一杯の種で
だいたい500ml弱の油が取れて
千円だった
来年は絶対椿の実を拾って
持って行こうと心に決めている

酸化しにくく
食用にしても大丈夫だそうだ
あと蒸発も少ないので木の皿に塗ったりするのにも適しているそうだ

もちろん髪にもよくって
乾燥するお肌にも
万能だ!すごい椿油!
2018.12.19 両子寺 再び
福岡からのお客様をご案内

六郷満山峯入結願の護摩焚きの神事が行われるのと
特別ご開帳の観音図が最終日だったので両子寺へ行ってみた
201812161739346b9.jpeg
開山1300年の締めくくりの行事だった様です

20181216173801ade.jpeg
久しぶりに入場料300円を払い中へ
仏足に乗ると足腰の悪いところが治るそうだ
2018121617382499a.jpeg
いつ落ちても不思議ではない石橋を渡り奥の院へ
201812161739008f2.jpeg
この建物の裏に幻の湧き水があり
飲むと不老長寿なのだ
もちろん飲んだのでもうこれ以上老けないのだ
そこんところよろしく
20181216174020535.jpeg
謎の石の上に生える木もあるのだ

そういえば忘れていたのだが、
ここのさらに上にも登っていける道があり
かなりの難所なのだ
今度脚力に自信のある人と出直してこよう

201812161739193ce.jpeg
お約束のゴームリーの立つ山にも行き
長崎鼻の夕日を見て案内を終了
2018.12.14 竹を買った
「国東にも竹屋さんあるよ」
とは聞いていたけど、わざわざ別府に買いに行ってたワタス
重労働なので気合を入れて買いに行っていた
そして今回初めて国東で買ってみた
201812141016406e0.jpeg
工房から20分ぐらいの海辺にある
20181214101750e21.jpeg
軽トラを運転してもらって
竹屋さんに長さを切ってもらって
荷台によっこらせ
終了
楽である
5年間の苦労はなんだったんだろう
20181214101709ccc.jpeg
工房に持ち帰り
必要な長さに切り
節くり(ふしくり:節の盛り上がった箇所を包丁で削る、仕上がりが綺麗になる)
20181214101606c35.jpeg
菊割(きくわり:写真手間の器具)で7つに割り
節板(せっぱん:節の内側)を落とす

まだここから四つに割り
細くする作業が残っている

気分転換に国東の田染(たしぶ)と言う地区でやっている
イルミネーションを見に行った
2018121410185191d.jpeg
稲刈り後の田んぼがLEDで照らされて
不思議な光景
あたりが真っ暗なので光が浮かんで見えて
宇宙ステーションにいるみたい(行ったことないけど)
そして誰もいない
神戸ルミナリエの様に人の頭の後ろをついて歩くのとは
真逆の独り占めなのだ



2018.11.20 紅葉狩り
2018112012315232c.jpeg
ずっと気になっていた、リビングからキッチンが丸見えな事
竹で間仕切り作りたいと常々思っていたのがやっと実現
20181120123458d50.jpeg
サイズは横800 縦1700
四つ目崩しと言う編み方で作りました

仕事のキリが良かったので
両子寺に紅葉狩りへ
20181120122912876.jpeg
両子寺の仁王像
201811201228461fd.jpeg
無明橋
201811201229333d4.jpeg
色とりどりの絨毯
20181120122958525.jpeg
綺麗な形のをいくつか拾いました
20181120123023add.jpeg
青と赤のコントラスト
20181120123049e84.jpeg
今年は紅葉が少し早いようです
20181120123113743.jpeg
肌寒いので何か温かいものが飲みたくなるね
紅葉の時期だけのカフェができてました
「明日セスナに乗りませんか?」
と突然のお誘いに
「もちろん乗ります」
翌日よく晴れたフライト日和に行ってきました
20181104134836545.jpeg
大分空港の管制塔の前にちょこんと置いてあるセスナ機
個人で飛行機を操縦する人が通る事務所を通過して
2018110413490582d.jpeg
これに乗るのだ
4人乗り
パイロットが点検をしている間
各社旅客機が飛び立っていくのを
まじかで見る
同じような大きさのセスナ機も
時々飛び立っている
20181104135042dcd.jpeg
いよいよ出発
ヘッドホンをつけ口元にはマイク
これで喋るのだ
管制塔の声も聞こえる
英語でのやり取りを
パイロットが説明してくれた
2018110413495886e.jpeg
空港から近い自宅の上を飛んでくれた
大きい目印がないと
家は小さすぎて検討がつかない
小学校を目印に写したら
ちゃんと写っていた
2018110413520318f.jpeg
目的地は県南空港だったので
杵築、日出の海、別府の海を飛んで
大分の街の上を通った
新日鉄の工場はこんな感じだったんだぁ
赤茶色の鉄鉱石が盛ってある
20181104135137e89.jpeg
行きも帰りもドームの横を通ってくれた
建設中の武道館をパチリ
竹で内装をするので私たちが一年かけて作ったんです
間もなく搬入予定
20181104135241101.jpeg
行きはちょっと緊張したけど
帰りは余裕で乗って居られたカナ
そーでもないかな
片道約25分、自動車だと3時間はかかる距離だ
大分空港への着陸
滑走路はタイヤ痕がたくさんついている
大きいのも小さいもの大体着地点が同じなんだそうだ

セスナ楽しい
県南空港に停めてあるヘリコプターの中も入らせてもらったが
足元が透明なので飛んだら怖そうだ

思いがけずレアな体験をさせてもらってラッキーな1日でした

2018.10.21 熊本ぶらり
何年ぶりだろう熊本
熊本城は壊れて修復中、中には入れないので周りをぐるりと散歩しました
20181021084422d9f.jpeg
加藤神社 加藤清正公をお祀りする神社
20181021084401afe.jpeg
清正公といえばトラ
201810210843350b6.jpeg
地震で壊れた石垣から出てきた
観音様の彫ってある石

20181021084144ae8.jpeg
熊本市街から菊池渓谷へ
20181021084204b8f.jpeg
水が青くて透明でやっぱり綺麗だぁ
20181021084228f59.jpeg
どんどん流れる水はずっと見ていられる
201810210842510e5.jpeg
やはり地震の影響で一部通行不可の道がありましたが
楽しめました
大分方面への道路も2年間の通行止めが解除され今年3月に開通したそうです
20181021084117689.jpeg
阿蘇山を一望する風景も久しぶりに見ました
2018102108381543b.jpeg
お昼に行きたいと決めていた
内牧温泉街の中にある「いまきん食堂」
1時に着いたら聞いてた通りの行列
お店のお姉さんに予約をして
「2時間待ちなので3時ごろまたお越しください」
と教えてもらう

ならば温泉へ
20181021083648c2e.jpeg
7個の共同浴場があるのだ
2018102108370274a.jpeg
車で行った方がいいけど駐車場がないとこも
20181021083714f54.jpeg
私は七福温泉へ
201810210837279aa.jpeg
入口開けて左手に料金入れの箱がありました
20181021083740908.jpeg
お湯は茶色で少し硫黄の香りが
お客さんがいなくてゆっくりできました

時間はあっという間に3時に
いざ「いまきん食堂」へ
20181021083634931.jpeg
ちゃんぽん と あか牛丼 を注文
20181021083622867.jpeg
来店して予約ができるのは3時までなのだ
20181021083553620.jpeg
ちゃんぽん スープがさっぱりしてて美味しい
20181021083608cf6.jpeg
これが行列のできる あか牛丼
めちゃうまし
20181021083833c45.jpeg
ご飯に満足しながら帰途に
久住高原に紅葉もあり
綺麗でした
すっかり秋ですね
今年は栗拾いをしませんでした

お座敷バッグミニは春に登場してから好調です
秋の新作が届きました
20181014125214146.jpeg
No.11 長襦袢の絹(三つ巴)
内側 朱赤、ビーズ 黄色
201810141256087b7.jpeg

201810141252357bd.jpeg
No.12 銘仙の菊 sold out
内側 茶、ビーズ オレンジ
20181014125618420.jpeg

20181014125255a85.jpeg
No.13 正絹の牡丹 sold out
内側 朱赤、ビーズ 水色と黄土色
201810141256323a5.jpeg

201810141253138aa.jpeg
No.14 銘仙のバラ
内側 紺、ビーズ 黄色
20181014125644e93.jpeg

201810141253285d1.jpeg
No.15 木綿の和柄幾何学模様
(それぞれの模様に意味がある)
内側 紫、ビーズ オレンジと白
20181014125657630.jpeg

20181014125345f74.jpeg
No.16 藍染
内側 ピンク、ビーズ 水色
20181014125709bd6.jpeg

2018101412550381c.jpeg
No.17 藍染、縞木綿
内側 黄色、ビーズ 黄色
2018101412572184d.jpeg

20181014125446d2c.jpeg
No.18 藍染 sold out
内側  茶縦縞、ビーズ 赤
糸のワンポイントが可愛い
20181014125815e44.jpeg

20181014125523b40.jpeg
No.19 藍染 sold out
内側 朱赤、ビーズ 赤
水色が可愛い
201810141258288fe.jpeg

20181014125539195.jpeg
No.20 藍染
内側 水色、ビーズ 黄色
黄色と白の水玉
201810141258392ca.jpeg

関東にお住いの方へ
台東区谷中3−14−3 雑布きんじ に
お座敷バッグ、お座敷バッグ ミニを置いています。
大きさや雰囲気を知りたい時は是非直接行ってみて触ってください
合わせて、きんじ の小物達も可愛いので是非是非ごらんください
2018.09.27 ブルックリン
今回 ニューヨークでテストマーケティングをするにあたり
英語での商品説明が必要かと思い
ニューヨークに住む日本人の方にお願いして
英訳していただいた
英訳したのは日本人の方のお友達のアメリカ人だそうで
日本の文化にも詳しいらしい

ブルックリンのお店にも見に行ってくださって
写真を送ってくださった
201809270929594a1.jpeg
店の入り口はこんな感じなのね
201809270929064c0.jpeg
額に入れて置いているのが英語表記のお座敷バッグの説明
20180927092926641.jpeg
手前は小嶋力ちゃんのストラップと
COTAKEのアクセサリー
20180927092944583.jpeg
カラフル四海波は諸冨ちゃんの
後ろのかんざしなどは多分清水くんかな?
20180927093028fa6.jpeg
10日間限定の展示のコーナーらしい
多分現地に行った清水くんがインスタレーションで作った
オブジェ
20180927093053f32.jpeg
このコーナーのは販売されていたみたい

ほんで、私達が送った方は販売するんかいな?
どーなんかいな?