FC2ブログ
gyaraxy2019.jpg
'19.6/21(金)-6/30(日)
山口県宇部市 GALAXYふくなが さんにて開催される"大分の竹細工展"
20190620105503328.jpeg
今年はこの他肉植物
多肉作家さんとのコラボです
20190620105439f59.jpeg
この寄せ植えは家で死にかけてた多肉を持って行って
生き返らせてもらったもの
前とは比べものにならないほどゴージャスになりました

スポンサーサイト
先日子供向けのワークショップのお手伝いをしてきました
201906091713324e4.jpeg
広い公園に沢山のテントが並び
子供たちが様々な体験ができるようにしてました
2019060917134950f.jpeg
私たちのテントのお隣はおじいちゃん達が作る
竹の空気鉄砲
試しに打たせてもらいましたが
なかなかの迫力でした
20190609171425bfc.jpeg
竹鈴体験
20190609171512daa.jpeg
色のついたヒゴをさしていきます
201906091714535c7.jpeg
簡単だけど、初めて触るとちょっと難しいよね
2019060917143970b.jpeg
小さい子も頑張ってました
20190609171408b48.jpeg
大工さん達が一瞬にして建物を作り
餅まきをして、一瞬にして元に戻すという
すご技を披露してました
かっこよすぎる
2019060917152707c.jpeg
お仕事終了後
星乃珈琲で慰労会
ほぼ1日中雨の中だったので
暑くはなかったけど
カバンも服もしっとりになりました

来年もまたやりたい
お座敷バッグ ミニ 新作できました
20190529150817083.jpeg
M21 綿 花柄 冨士屋ギャラリーにお出かけ
20190529151122560.jpeg
内側 紺色、ビーズ 黒

20190529150834021.jpeg
M22 綿 柿渋染め手ぬぐい
20190529151105d2b.jpeg
内側 エンジ色、ビーズ 赤

201905291508504e3.jpeg
M23 絹 紬 花柄 お取り置き
2019052915113988e.jpeg
内側 水色、ビーズ 水色

201905291509043bd.jpeg
M24 綿 縞本綿 お取り置き
20190529151156ec6.jpeg
内側 紫、ビーズ 赤

201905291509225b2.jpeg
M25 人絹 花柄
2019052915121319c.jpeg
内側 緑、ビーズ 赤

2019052915093630b.jpeg
M26 綿 藍染
201905291512474b0.jpeg
内側 ピンク、ビーズ 黒

20190529150952c79.jpeg
M27 絹 銘仙 花柄
20190529151306702.jpeg
内側 黄色、ビーズ 黄色

20190529151016dee.jpeg
M28 絹 銘仙 花柄 soldout
20190529151323d60.jpeg
内側 緑、ビーズ 黄色

20190529151030e2e.jpeg
M29 綿 花柄 お取り置き
20190529151340eac.jpeg
内側 緑、ビーズ 黄緑

201905291510445a7.jpeg
M30 綿 花柄 冨士屋ギャラリーにお出かけ
20190529151354380.jpeg
内側 オレンジ、ビーズ オレンジ 緑

「お座敷バッグ」
京都の舞妓さんが持っている”お座敷籠”をもっとカジュアルに持ち歩きたい という思いで作りました。
内布は、大正後期から昭和初期のものを使用し、飾りに古銭やアンティークビーズを使用していますので
全て一点ものになります。
内布は取り替えできるように、カゴに縫い付けていません。
内布だけ2枚選び、気分に合わせて取り替えながらお使いの方もいらっしゃいます。
ぜひ世界に一つだけのお座敷バッグをお選びくださいませ。

ミニのサイズ 竹カゴ 横30cm 幅14cm 高さ13cm (持ち手部分は含みません)

(お座敷バッグ ミニ 取り扱い店舗)
●東京都台東区谷中3−14−3 雑布きんじ 11:30〜19:00 火休
●大分県別府市鉄輪上1 冨士屋Gallery はなやもも 10:00〜17:00 月火休
●別府駅構内 別府竹工芸とクラフトショップ ICHIZA 9:00〜20:00
●大分県別府市上田の湯町16-50 竹と椿のお宿 花べっぷ 





お座敷バッグの新作できました
20190529151433a1c.jpeg
115 綿 ハンテン
201905291518111ea.jpeg
内側 黄色、ビーズ 黄色

20190529151454b57.jpeg
116 人絹 花柄
2019052915182277a.jpeg
内側 朱赤、ビーズ 黄色

20190529151508514.jpeg
117 絹 銘仙
2019052915183605a.jpeg
内側 朱赤、ビーズ ブルーグレイ

20190529151520caf.jpeg
118 綿 柿渋 手ぬぐい
201905291518483c3.jpeg
内側 朱赤、ビーズ 赤

201905291516052a4.jpeg
119 綿 縞本綿
20190529151859b20.jpeg
内側 黄色、ビーズ 黄色 緑 黒

20190529151622a45.jpeg
120 絹 帯
20190529151916079.jpeg
内側 水色、ビーズ 赤

20190529151637da3.jpeg
121 絹 紬 花柄
201905291519270ad.jpeg
内側 黒、ビーズ 黒 黄色

2019052915164812e.jpeg
122 綿 花柄
201905291519377c4.jpeg
内側 緑、ビーズ 緑 黄色

201905291517009bf.jpeg
123 綿
20190529151948dcc.jpeg
内側 エンジ、ビーズ 黄色

2019052915171535a.jpeg
124 絹 銘仙
2019052915195833d.jpeg
内側 茶、ビーズ 黒 黄色

20190529151736236.jpeg
125 人絹 小さい花柄
20190529152011963.jpeg
内側 朱赤、ビーズ 黄緑 黄色

20190529151750197.jpeg
126 綿 花柄
2019052915202213e.jpeg
内側 ピンク、ビーズ 黒 緑

「お座敷バッグ」
京都の舞妓さんが持っている”お座敷籠”をもっとカジュアルに持ち歩きたい という思いで作りました。
内布は、大正後期から昭和初期のものを使用し、飾りに古銭やアンティークビーズを使用していますので
全て一点ものになります。
内布は取り替えできるように、カゴに縫い付けていません。
内布だけ2枚選び、気分に合わせて取り替えながらお使いの方もいらっしゃいます。
ぜひ世界に一つだけのお座敷バッグをお選びくださいませ。

竹カゴサイズ 横40cm 幅14cm 高さ13cm(持ち手部分は含みません)

(取り扱い店舗)
●東京都台東区谷中3−14−3 雑布きんじ 11:30〜19:00 火休
●大分県別府市中央町9−33 SELECT BEPPU 12:00〜18:30 火休
●大分県別府市鉄輪上1 冨士屋Gallery はなやもも 10:00〜17:00 月火休
●別府駅構内 別府竹工芸とクラフトショップ ICHIZA 9:00〜20:00
●大分県別府市上田の湯町16-50 竹と椿のお宿 花べっぷ 
●大分県大分市戸次4381 帆足本家 富春館 11:00〜17:00 月休





2019.05.20 多肉寄せ植え
同じ国東にアトリエを持っている多肉植物の寄せ植えをする方に
寄せ植え教室に誘っていただいたので参加してみた
20190511125230e03.jpeg
寄せ植えをする為の入れ物も手作りされていて
とっても可愛い
今回は器選びから
20190511125243b0d.jpeg
多肉も色々な種類を持ってきてくださっていて
さらに飾りとなる木の実までいろんな種類がありすぎて迷う
201905111252007b8.jpeg
この四角の缶にしました
底には穴が開けてあり、ネットを敷いて
土を入れます
20190511125140699.jpeg
土に置いたら手でギューーっと抑えて動かないように植えるのが難しかった
私がやるとポロっと取れてしまう
土はふわふわなのでギューとした後また入れます

この作家さんには竹のポットとコラボして寄せ植えをお願いしている所
今後の育て方などまだまだ知らないといけないことはいっぱい
月一で教室をしているので顔を出して勉強しなきゃ

コラボのポットが出来上がるのが楽しみです
毎年GWに行く関西旅行
1日目
伊丹空港から空港バスで京都駅に移動
途中高速道路が渋滞でしたが90分弱で到着
2019050811382845a.jpeg
友達の車で金閣寺近くの堂本印象美術館へ
201905081901476fa.jpeg
明治24年生まれ
大正から昭和にかけて活躍した画家
初期の作品は正統派の日本画なのに
後期はアバンギャルドな絵や立体になり
その集大成といえるのがこの美術館の建物そのもの
20190508190100dda.jpeg
戦争中も年に二つの大作発表は続けており
恵まれた生活を送ってこられた人なんだろうなと感じました
20190508185951feb.jpeg
入館料は500円
201905081900316b5.jpeg
入ってすぐに簡単な喫茶コーナーがあったので
ミニケーキセットを食べました
201905081152465f5.jpeg
お宿は去年と同じ御所の横
朝ごはんも付いていて自由に食べられるのが良い
スタッフも客も外国人ばっかりなので海外旅行気分も味わえる

2日目、3日目は恒例の高槻ジャズストリート

4日目は第一日曜だったので去年も行った東寺ガラクタ市へ
宿のレンタル自転車を借りて行きました
20190508113936191.jpeg
快晴だけどさほど暑くなくて行楽日和
20190508114304dfb.jpeg
竹のものはやはり気になる
2019050811432734d.jpeg
花カゴ
20190508114358cef.jpeg
大きいカゴ
201905081142373fd.jpeg
中国の錠前 数字じゃなくて漢字で合わせる
何かの単語になるのかなぁ
20190508114440d7a.jpeg
猫の鍋敷き
これ買うか迷って買わなかった
2019050811451448e.jpeg
ちょっと古い流行り言葉も堂々と
20190508114623c4f.jpeg
綺麗に並べている店よりも
20190508114651ea2.jpeg
こっちの方が掘り出し物がありそうな気がして
お客が多い

四条烏丸に移動して美術館
20190508114809187.jpeg
1700年後期から1800年前期の
肉筆の浮世絵がたっぷり見れて
いい展示でした
それほど混んでなかったので
じっくりじっくり見れました
20190508114719db3.jpeg
5日目はせっかくそばに泊まっているので京都御所へ
ここは予約なしで無料で見学できる
2019050811474643d.jpeg
正殿
高御座(たかみくら)は10月の即位の礼のために
東京へお出かけ中
20190508114847629.jpeg
蹴鞠の庭
蹴鞠とは下に落とさないように足でパスする皇族の遊びだけど
いかに相手が蹴りやすい場所にパスできるかを考える遊びなんだって
20190508115013253.jpeg
御所の横にある足腰の神様の神社
20190508115047cee.jpeg
狛猪
20190508115144ece.jpeg
京都を散策していると竹を上手に使ったディスプレイが多い
香木のお店に鯉のぼりが可愛く飾ってありました
6日目
最終日は伊丹空港に行きやすいので万博記念公園へ
20190508115326c59.jpeg
楽しみにしていた二フレル
入場料2000円
水辺の生き物のミュージアム
201905081153562b8.jpeg
水槽に綺麗にライトをあてているので見飽きない
20190508115418db8.jpeg
展示の仕方も説明も楽しい
20190508115550762.jpeg
アート作品のよう
20190508115627df6.jpeg
色が違うイソギンチャク 綺麗
20190508115655bde.jpeg
すぐ近くで生き物が観察できる
鳥、ワオキツネザル、カピパラ、カワウソ、ビーバー、ペンギン
が触れそうなところにいる
20190508115438b8b.jpeg
高い天井にも沢山の鳥や猿が
20190508115734468.jpeg
万博記念公園は入園料250円
エキスポ70パビリオン資料館200円
そして時間指定で要予約の太陽の塔700円
201905081158081c0.jpeg
1970年の大阪万博
太陽の塔の中は万博終了後長く閉鎖していたが
2018年建物の耐震工事、展示物の修復などを経て
やっと一般公開できるようになった
当時はエスカレーターで地上30mの隣接する建物へ移動していたが
今はもう周りの建物はなく、エスカレーターも階段に変えられている
階段で10m 20m 30mと上がるにつれ
お尻がムズムズしてくる
70年代ものすごい人数の観客を絶え間無くエスカレーターで運んでいたことを
考えるとぞっとしてしまう
見学者達は平気だったのだろうか?
腕の部分を通ってなんて、、怖い

生命の樹は下からアメーバー、恐竜、哺乳類とだんだんと進化していく様を表現していて
上部にいるゴリラ、恐竜、マンモスなどは機械仕掛けで動いていたというから驚きだ
今はもちろん動かないが、あえて当時のまま残してあるゴリラは顔が剥がれて機械部分がむき出しに
出ており、哀愁が漂っていた

大阪万博は世代ではないのでそれほどの思い入れはなかったが
こうやって展示を見ると当時の凄さを実感でき本当に面白かったし
ポスターやチケットなどの様々なデザインは古さを感じず
素晴らしいものでした

今度の大阪万博が楽しみになってしまいました
若かったらパビリオンガールやりたかったな
201905081158555c4.jpeg
今年も満喫しました


2019.04.23 宇佐神宮
宇佐神宮をゆっくり散策
20190423102806c90.jpeg
の前に腹ごしらえ
宇佐神宮前にある豆麦房
発酵食品のお店なのでいろんなスープの素も売っている
20190423102527631.jpeg
朱色ってインスタ映えするから外国人に人気なんだよね
自撮りしているアジア人を沢山見かけました
2019042310271253f.jpeg
巫女さんがお賽銭を回収する場面に遭遇
賽銭受けも木箱なんだね
20190423102846771.jpeg
この階段は現在は通れなくなってるけど
そもそも使ってたんだよね
すっごい急 これを草履で降りてたんだよね
2019042310264675b.jpeg
蓮池を見つけたので7月になったら見に来たい
20190423102555408.jpeg
この古さと首から下げた鈴のデザインが可愛い狛犬
小さい狛犬が鈴をくわえてるのだ
20190423102626197.jpeg
おしっぽも素敵
20190423102751b01.jpeg
暑くて喉が渇いたので仲見世通りにあるお洒落なカフェでアイス食うたった

2019.04.18 春満喫
ふきのとう が出てきたら天ぷらと蕗味噌
伸びてフキになってきたら煮物にしたりパスタにしたり
筍が出てき始めて嬉しいな
散歩してたら こごみ を見つけた

そして今日はワラビを採りに行ってきた
20190418211501373.jpeg
こんな斜面にいっぱい
2019041821151453c.jpeg
柔らかくて美味しい
2019041821153026e.jpeg
国東はお宝いっぱいだ
2019.04.08 竹の感謝祭
4月6日 別府の朝見神社にて竹の感謝祭が行われました
2019040713331182a.jpeg
お天気にも恵まれ
少し風が冷たいものの数日前の寒さは和らいで
桜も満開で本当に神事日和でした
20190407133336a41.jpeg
朝見神社の大楠
20190407133403704.jpeg
今年の四海波は、清水君と遠藤さん
20190407133424b33.jpeg
堂々とした四海波ができました

神事後の直会もほどほどに引き上げて
別府で噂のカレーのお店「青い鳥」へ
201904071332551ba.jpeg
レンズ豆とワラビのココナッツカレー
優しいお味でおいしかったです
2019.04.01 ランプ
201904012329448f2.jpeg

玉子の形のランプを作りたいのだが
形がなかなか上手くいかない